機器緩衝材仕様バッグ制作

精密機器・医療機器の運搬用緩衝材付オリジナルバッグの作成(日本製)

用途に応じた様々な機器等をガードした緩衝材とバッグを制作いたしております。

機材バッグの仕様は大きく分けて2つ

A:クッション仕切りを使ったバッグ
バッグの内側にクッションや板芯仕切りをマジックテープなどで止める仕様
B:専用の緩衝材を使ったバッグ
型抜きしたPEフォームを装填する仕様

Bの専用緩衝材を使ったバッグ・ケースの主なご依頼から納品までの流れになります。

  • ① 装填する機器類のレイアウトを検討、全体サイズ等のご相談。
  • ② データもしくは、機器類の現物をお預かりし、弊社でイメージ作成。
      バッグも用途・ご要望に合わせたイメージ作成。
  • ③ 確定したレイアウトで、刃型作成。同時に外形サンプルを作成しバッグ仕様の決定。
  • ④ バッグサンプル作成
  • ⑤ 印刷等のデータお預かり後、制作開始

鞄の用途や中に装填する物など具体的にご相談下さい。バッグのスケッチや参考写真なども歓迎です。

「専用緩衝材オリジナルバッグ制作のご案内」

完全オリジナルの他、弊社定番サイズのバッグに合わせて作成することも可能です。

☆定番バッグは、バッグ刃型代・緩衝材底面型が不要になります。(サンプル制作も不要可能です)

定番バッグサイズ+専用緩衝材作成

定番バッグ共通事項
形状は定番ですが、生地素材・カラー・持ち手有無・ポケット・印刷等ご自由に選択できます。
参考単価は、上記の選択内容およびご注文数量により変わります。
緩衝材型代は、機材の形状・パーツ毎の高さ調整等により変わります。(底面型代は不要です)
定番バッグ1(大型緩衝材仕様)
オリジナル緩衝材付バッグ緩衝材の外寸:W440mm×D300mm×H130m(25R)以内でのご自由なレイアウト
参考単価:50個以上:@15,000円~20,000円
緩衝材型代(初回):45,000円~10万円
サンプル作成費:15,000~20,000円(不要であれば無料)
定番バッグ2(小型ケース・バッグ使用)
PE緩衝材付バッグ緩衝材の外寸:W330mm×D220mm×H20~30mm(30R)以内でのご自由なレイアウト
参考単価:100個以上:@4,500円~10,000円
緩衝材型代(初回):30,000円~80,000円
サンプル作成費:15,000~20,000円(不要であれば無料)
その他定番バッグにつきましてもご相談下さい。
定番バッグ以外の緩衝材付オリジナルバッグ作成につきまして
【初期費用の参考】
・サンプル作成費 / パターン作成費(4~7万円)概ね4万円台が主流
・刃型作成費(5~12万円)=型数・刃長によります。概ね7万円台が主流
・印刷版代(1色1型/1万円)
※サイズ・仕様・装填機材内容により変わります。
【製品の参考】
・ロットは、100~200個以上になります。
・単価は数量・仕様により異なります
素材について(定番・オリジナル共通)
日本製生地:ナイロン110d~1680dまで各種(はっ水・防水等)、合皮各種、ターポリン各種
PE/EVA発泡緩衝材:各種発泡倍率等お選びいただけます。

 

☆PE緩衝材(機器・ツール類に合わせてオリジナル加工したもの)を作成し
同時に専用に設計したナイロン鞄にセットしてのお届けとなります。

器材専用PE緩衝材バッグPE緩衝材付バッグ事例鞄制作FAQ

 

 

オリジナルバッグ制作参考品は、それぞれのブランド様/企業様等のご都合上公表出来ないものがあります。

オリジナルバッグ制作のロットは、それぞれのご都合によりご相談下さい。【鞄制作FAQ参照】

 

  • はてなブックマークに追加
  • 日本製鞄制作
鞄制作,バッグ製造TOP